5224c8e757a8a72909415802cecd8380_edited.

SUNTORY GALLERY

サントリー樽ものがたり ギャラリー

サントリー樽ものがたり

ウイスキーの世界を

もっと楽しく

​もっとディープに

長い年月をかけてサントリーウイスキーを熟成した樽を、

家具やテーブルウェアに至るまで、様々なこだわりアイテムへ再生しました。

ウィスキー樽の素材となるのは、キング・オブ・フォレストと呼ばれるホワイトオーク。

役目を終えた樽は解体されますが、その解体材はなおも重厚で力強く、独特の風合いと艶があります。

オークの森に始まり長い年月を過ごした樽オーク材の物語を感じながら、

ウイスキーと共に心豊かなライフスタイルをお楽しみください。

​ウイスキー樽の神秘

< 住所 >
〒760-0065

香川県高松市朝日町5丁目2−6

< 連絡先 >
TEL 087-816-7143
FAX 087-816-7144

< メールアドレス >
devantcasacasa@gmail.com

< 営業時間 >
AM10:00~PM6:00

< 休館日 >
水・木曜日(祝日は営業)

​<アクセス>

公共交通機関でお越しの場合

・琴電志度線「沖松島駅」下車、県道157号線を

 北へ10分、瀬戸大橋通りを西へ1分

 

お車でお越しの場合

・高松自動車道「高松中央IC」下車、県道43号線

 を北へ約10分、瀬戸大橋通り福岡町3丁目交差

 点を西へすぐ

店外観.jpg

さらに、長い年月の熟成期間に

大切なウイスキーが漏れないように

板目に比べて反りにくく

歪みにくい柾目を贅沢に使用しています。

この貴重な柾目のオーク材を

再生する事業を1998年から

サントリーは取り組んでいます。

ウイスキーを何十年もの間

熟成させるために、樽材には

密度の高いオーク材を使用しています。

蒸溜したてのウイスキーの原酒は

無色透明で荒々しい香味ですが

樽の中で熟成を経る間に琥珀色の輝きと

芳しい香りとまろやかな味わいへと

変化していきます。

使い終わったウイスキー樽はそのまま

廃棄すると思う方もおられるようですが

実はそうではありません。

ウイスキーの樽材は長い年月の後

役割を終えたのち一度解体されます。

解体された樽材を再び真っ直ぐなオーク材へ再生し

重厚で力強い家具材として

生まれ変わります。

​熟成のときを想う 格別の座り心地

サントリー樽ものがたりbyカリモク

Devantは四国唯一の取扱店です。

創業70年を迎えた日本有数の家具メーカー

カリモク家具とサントリーのコラボレーションで生まれた、

『樽ものがたりbyカリモク』シリーズ。

ウイスキー樽に用いられたオーク材を再生した、

重厚で品格あふれる家具で、

ウイスキーを楽しむひとときを心地よくお過ごしください。